Loading...

village

椎茸の原木作り

008

 

さて今年も始まりました。椎茸のホダ木作りの作業。これより3月いっぱいまで山に入り作業を続けます。FIKA が1年間で忙しい時期は夏のMatittoFika での繁忙期以外では、この冬のVillage事業の椎茸作業の2か月間なのです。山はまだまだ氷点下の寒さだけれども、キンと冷えた空気に背筋が伸びて、山や木、空や大地に自分が生かされているということを再確認する時間でもあります。

そして何より、誰もいない山の中で寡黙に作業をすることがFIKAは大好きなのです。去年の夏に近くの公園の受付と管理の仕事をした時にFIKAはなんと!円形脱毛症になってしまいました(笑)。つまりFIKAは必要以上に他人に笑顔を振りまく事をここにきての7年ですっかり忘れてしまったということです。。。昔は営業をやっていたのでそんな愛想笑いなど何とも無かったのですけどね。でも笑わないと頬がタルむのでとりあえず犬に向かって毎日笑ってみています。

 

そんなことはさておき、山での作業の段取りはまず上の写真の木を玉切り(1200mmの長さに切る作業)からです。秋に切っておいたクヌギの木の枝を払い玉切り、次の作業のドリルでの穴あけ作業がしやすいように何か所かに寄せておきます。

体力が勝負なこの作業。腰を痛めないようにしないといけません。

 

冬将軍

005

 

やっと産山村に冬将軍が戻ってきました。

 

雪こそ降らないですが、冷たい冷たい北風がビュービュー吹いています。犬達も寒そう。来週からFIKAは椎茸の原木の仕込み作業で山に入ります。今年も怪我なく過ごしたいものです。

 

さて今年は一人ぼっちの山かな?と思いきや、僕の師匠のSさんがComeBackです。Sさんは一足先に山に入っているので、だいぶ進んでいるのでしょう。林内車のウィンチ操作が一人じゃなぁ・・・って思っていたからよかったです!

004

 

今年は産山村には雪がほとんど降りません。雪かきしないでいいのですが、なんだか調子が狂います。

九州以外は軒並み豪雪と暴風に見舞われていますが、ここMatittoFikaのある阿蘇産山村は毎日穏やかな日が続いています。

雨氷

003

 

これは先日のFIKAでの風景です。4年ぶりの雨氷を見ることが出来ました。これはとても特殊な気象条件でみられるもので、樹氷とは違い木々に透明な氷が付く現象です。ちなみに樹氷は白い雪の塊が付く現象です。

みなさんも運が良ければ見れるかもしれませんよ。これも冬の阿蘇の魅力の一つです。

新しい仲間

0021

 

去年の夏からFIKAの新しい仲間に加わったビーグルです。

彼は昨年の夏に原野に捨てられていたのを保護した子です。元気いっぱいのビーグル犬ーは毎日我が家の裏山や原野をもう一匹の捨て犬セッターと共に駆け巡っています。

この周辺は捨て犬が多い地域です。ほとんどが歳を取ったり体に障害がある猟犬ばかりです。たぶんみな口減らしで捨てられるのでしょう。猟が出来ないからって 捨てるなんて人間としてどうかと思いますが、FIKAがいくら思ったところで状況は一向に改善されません。猟銃の所持の管理と共に猟犬の所持の管理も一緒 にやって欲しいです。

でも犬を平気で捨てる人間は狡賢いのでいろいろな抜け道を作るんでしょうが。

FIKA

0011

 

マチットフィーカ、フィーカデコ、ヴィレッジの3事業を一つに統合してFIKAとしました。これによってWebSiteもリニューアルいたしました。

なお、マチットフィーカはweb予約も始めました。料金・ご予約からどうぞお申し込みください。

これからも皆さまのご愛顧宜しくお願い致します。